日記(ブログ)


精神科医の備忘録~key of Life。臨床、講演、テレビ、ラジオ……精神科医の東奔西走の日々。

新刊『「鬼滅の刃」が教えてくれた 傷ついたまま生きるためのヒント』9月24日発売決定!

2021年09月09日(木)02時26分49秒


宝島社より新刊『「鬼滅の刃」が教えてくれた 傷ついたまま生きるためのヒント』が、9月24日、発売となります!

https://amzn.to/3BRdN2c

 

主人公・炭治郎は「過剰適応」?
作品における鬼とは「現代人」そのもの?
ラスボス・鬼舞辻無惨は劣等感の塊?
人気キャラクターの精神分析や名シーンの徹底考察などから、私たちの深層心理や、
折れない心をもって生きていくためのヒントまでも浮き彫りにする一冊です。

名越康文TVシークレットトークyoutube分室に[music]の小部屋ができました!

2021年06月30日(水)08時49分45秒

名越康文TVシークレットトークyoutube分室に、[music]の小部屋ができました。

 

名越康文TVシークレットトーク[music]チャンネル

名越康文の音楽活動や、歌ってみた、音楽や文化芸術評論を中心に放送していくチャンネルです。

よろしければチャンネル登録・高評価、よろしくお願いいたします!

※現在公開中の動画

樫の木と葦(新刊『仕事で折れない心のつくりかた』より)

2021年06月21日(月)05時46分13秒

イソップ童話に「樫の木と葦」というお話があります。ほんの少しの風にも首を垂れてしまうナヨナヨとした葦を見て、樫の木は「なんだ情けない。俺はどんな風がきても平気だぞ!」と威張っています。

 

そこへ大きな台風がやってきます。葦は大風に吹かれて地面に這いつくばったようにしなっていますが、持ち前のしなやかさでなんとか一晩やり過ごします。

 

樫の木は「なんだこんな風くらい!」と踏ん張りますが、一夜が明け、台風が過ぎ去ってみると、見事に根本からバキバキバキッと折れて倒れてしまっています。その横で葦は何事もなかったかのように、風になびいている。そんなお話です。

 

長年精神科で心の問題を抱えた人を見ていて感じるのは、「本当の自信」というのは、「樫の木」ではなく、「葦」のようなあり方にこそ宿るものなのではないか、ということでした。

 

心が弱って、物事に前向きに取り組めない。暗い気持ちがいつまでも晴れない。そういう人は実は、「樫の木」のように強くありたい、社会の中で勝たなければいけない、負けてはいけない、という思いにとらわれていることが多い。

 

そういう思いにとらわれている人ほど、ちょっとしたきっかけで、それこそ「根本から折れてしまった樫の木」のように、ひどい状態に陥ってしまうことがあるのです。

 

精神科医としての私の経験から申し上げると、だんだんと元気がなくなり、弱っていってどうにも動きが取れなくなってしまう……、という人は、実はそう多くありません。たいていの場合、一見元気で、むしろ周囲からは前向きで、元気に生きていると思われていた人が、ちょっとしたきっかけで心のバランスを大きく崩してしまい、周囲の人が驚いてしまう……。そんなケースのほうが、圧倒的に多いのです。

 

社会に適応することによって積み上げた自信というのは、童話の「樫の木」のような脆さを抱えているのです

 

では、樫の木のような(脆さを内包した)「強さ」ではなく、葦のような「しなやかさ」を持った自信を身につけるには、どうしたらいいのでしょうか?

(続きは本書で)

 

2年ぶりの新刊が出ます!
仕事で折れない心のつくり方』名越康文著

https://www.amazon.co.jp/dp/4434275445/ref=cm_sw_r_tw_dp_0KN96EFTWKGM5T562670

「なんか調子が悪い」「この仕事向いてないかも」「やりたいことがわからない」――仕事をしていても、日常生活でも、なんとなく心にモヤモヤしたものを抱え、このままでいいのだろうかと不安を抱えているビジネスパーソンが増えている。本書では、精神科医の名越康文先生が、そんな現代人が抱えるモヤモヤの正体を明らかにし、自分自身をどのように受け止め、肯定していけばよいのかをわかりやすく解説。仕事との向き合い方から、他者とのかかわり方まで、「折れない心」をつくるためのコツを指南する。

第94回名越式性格分類ゼミ(2021年6月20日)のご案内

2021年06月04日(金)10時55分23秒

6月20日(日)開催の、第94回名越式性格分類ゼミのご案内です。

次回テーマは「投影から体癖を見る」です。絵画やイラスト、音楽、小説などの芸術作品から、好きな車や服など、自己投影の対象となるものから体癖による違いを読み解いていく予定です。

 

※現在現地参加はキャンセル待ち・オンライン参加は受付中です。

 

※「現地参加」「オンライン参加」ともに、料金改訂を行いました。オンライン参加の方は、大きく値下げとなりましたので、この機会にぜひご参加をご検討ください!

<オンライン参加について>

 

・オンライン参加は、ZOOMを用いて行います。現地参加と同様に、質疑応答やディスカッションをいただけます。

・オンライン参加の方には、1週間程度の期間限定で、録画アーカイブをご提供します。当日、急遽のご用事などでZOOMセッションに参加できなくなった場合には、録画アーカイブで視聴いただけます。

 

 

<自宅でDVDを通して名越ゼミを受講したい方は>
名越式性格分類ゼミ(通信講座版)
https://yakan-hiko.com/meeting/nakoshi.html

 

 <<第94回名越式性格分類ゼミのご案内>>

■日時

2020年6月20日(日)14:00-16:30

※現地参加の場合、開場時間は13:45とさせていただきます。

※オンライン参加の方には、ZOOMのご案内をお送りします。

 

 

■会場

アープカレッジ北大塚

JR「大塚」駅徒歩5分

〒170-0004

東京都豊島区北大塚3丁目23-2 リーク大塚1F

http://arp-theory.com/200503news/

 

■ご予約について

 

原則先着順のお申し込みとなります。定員になり次第締め切ります。

お申し込みは

nakoshi@yakan-hiko.com

まで、お名前と「現地参加」「オンライン参加」の種別を明記の上、お申し込みください。

 

このメールにご返信をいただいても結構です。その場合も、

お名前と、上記の受講種別についてお書き添えください。

 

【注:新料金体系となりました】

受講料(基本料金):現地参加 12,000円

オンライン参加9,000円 ※1週間のアーカイブ視聴権付き

 

<割引>

・通信講座版受講者割(-1,000円)…名越式性格分類ゼミ(通信講座版)受講中の方

 

・予約割(-1,000円)…予約割引期間に口座振込、または現金にて受講料をお支払いの方

 

※従来行っていた「メルマガ割引」はなくなりました。ご了承ください。

 

(受講料例1)現地参加・通信講座受講・早割適用の場合:10,000円

(受講料例2)オンライン参加・通信講座受講・早割適用の場合:7,000円

 

今回の予約割引期間は、6月10日までとなります。

 

※ご自分の受講料額がわからない場合は、メールにてお問い合わせください。

※お振込みをいただいた時点で、お申込みが確定します。

※早割期間後のお振込は、ゼミ開催1週間前までにお願いしておりますが、お振込をいただいていない段階で定員が埋まってしまうとキャンセル待ち扱いとなりますので、ご入金はなるべくお早めにお願いいたします。

 

【ご入金後のキャンセルについて】開催日の16日前(開催2週間前の金曜日)までのキャンセルご連絡については全額返金、それ以降開催日の4日前(開催週の水曜日)までのキャンセルは5000円の返金とさせていただきます。それ以降のキャンセルは原則的に返金できません。キャンセルの場合はnakoshi@yakan-hiko.comまで、お名前を添えてご連絡ください。

新刊『仕事で折れない心のつくり方』5/28発売!

2021年05月27日(木)09時26分06秒

2年ぶりの新刊が出ます!
仕事で折れない心のつくり方』名越康文著

https://www.amazon.co.jp/dp/4434275445/ref=cm_sw_r_tw_dp_0KN96EFTWKGM5T562670

 

 

「なんか調子が悪い」「この仕事向いてないかも」「やりたいことがわからない」――仕事をしていても、日常生活でも、なんとなく心にモヤモヤしたものを抱え、このままでいいのだろうかと不安を抱えているビジネスパーソンが増えている。本書では、精神科医の名越康文先生が、そんな現代人が抱えるモヤモヤの正体を明らかにし、自分自身をどのように受け止め、肯定していけばよいのかをわかりやすく解説。仕事との向き合い方から、他者とのかかわり方まで、「折れない心」をつくるためのコツを指南する。