インフォメーション


名越康文の最新のお知らせはこちらで告知します。

 

子供の自己肯定感は「放課後」が育てる! 放課後NPOアフタースクール代表 平岩国泰さんに会いに行きました(名越康文TVシークレットトークyoutube分室新規動画)

2019年07月30日(火)02時37分01秒

名越康文TVシークレットトークyoutube分室に、

 

子供の自己肯定感は「放課後」が育てる! 放課後NPOアフタースクール代表 平岩国泰さんに会いに行きました

 

を公開しました!

 


今回の動画は、名越康文TVシークレットトーク
http://yakan-hiko.com/meeting/nakoshitv/top.html

特別企画として、新刊『子どもの「やってみたい」をぐいぐい引き出す! 「自己肯定感」育成入門』が話題の放課後NPOアフタースクール代表、平岩国泰さんを訪ねたものです。

子どもの「やってみたい」をぐいぐい引き出す! 「自己肯定感」育成入門
https://www.amazon.co.jp/dp/4906790348/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_IwQpDbFRDPJXW

 

 

<この動画の続きは、名越康文TVシークレットトーク会員限定動画で公開予定です>

 

名越康文TVシークレットトークとは?

テレビでも、ラジオでも聴けない、精神科医・名越康文の本音全開トーク。

混沌の時代を生き抜く知恵とエネルギーをお届けします。

心理学、仏教、哲学、文化……枠組みを超えて人の生き方を探求する。

精神科医・名越康文による、新時代の完全会員制動画チャンネル!!

 

 

ご登録はこちらから→名越康文TVシークレットトーク
http://yakan-hiko.com/meeting/nakoshitv/top.html

 

 

第72回名越式性格分類ゼミ(2019年8月18日@巣鴨)のご案内

2019年07月23日(火)10時35分40秒

巣鴨で毎月1回行なっている、名越式性格分類ゼミのご案内です。

8月は、「8月18日(日)」の開催です。

7月のゼミでは、体癖診断の課題をたくさん行いました!

次回のゼミでも心理学講義、体癖診断についてもより深めていく予定です!

予約割引は8/8(木)までの受付までとなります。

<自宅でDVDを通して名越ゼミを受講したい方は>
名越式性格分類ゼミ(通信講座版)
https://yakan-hiko.com/meeting/nakoshi.html

 

<<第72回名越式性格分類ゼミのご案内>>

■日時
2019年8月18日(日)14:00-16:30
※開場時間は13:30です。

■会場
アープカレッジすがも
JR・都営地下鉄「巣鴨」駅徒歩2分
豊島区巣鴨3-25-12 山崎ビル3階
http://arp-theory.com/?p=756

■ご予約について
原則先着順のお申し込みとなります。定員になり次第締め切ります。
お申し込みはサイトの申し込みフォーム

http://nakoshisemi.yakan-hiko.com/

もしくは、メール
nakoshi@yakan-hiko.com
で、お名前と受講申し込みの旨を添えてお申し込みください。

「ほめて育てる」は人類の不幸の温床!?(名越康文TVシークレットトークダイジェスト動画)

2019年07月19日(金)10時06分47秒

名越康文TVシークレットトークyoutube分室に、

「ほめて育てる」は人類の不幸の温床!?(名越康文TVシークレットトークダイジェスト動画)

をアップしました。

 

 

本編は、14分ほどの動画です。

ご関心のある方は、下記のページから、ご入会ください。(7月末までは、半額キャンペーン中です)

 

心理学、仏教、哲学、文化……枠組みを超えて人の生き方を探求する。

精神科医・名越康文による、新時代の完全会員制動画チャンネルが、

2019年8月スタート!!  受付開始しました!

テレビでも、ラジオでも聴けない、精神科医・名越康文の本音全開トーク。

混沌の時代を生き抜く知恵とエネルギーをお届けします。

詳細・申し込みはこちらから→

http://yakan-hiko.com/meeting/nakoshitv/top.html

※今、ご入会をいただくと、月会費が初月半額となります!(7月末まで)

名越康文TV シークレットトーク

 

 

名越康文TV「シークレットトーク」始まります!

2019年07月12日(金)09時53分17秒

心理学、仏教、哲学、文化……枠組みを超えて人の生き方を探求する。

精神科医・名越康文による、新時代の完全会員制動画チャンネルが、

2019年8月スタート!!  受付開始しました!

 

テレビでも、ラジオでも聴けない、精神科医・名越康文の本音全開トーク。

混沌の時代を生き抜く知恵とエネルギーをお届けします。

 

詳細・申し込みはこちらから→

http://yakan-hiko.com/meeting/nakoshitv/top.html

※今、ご入会をいただくと、月会費が初月半額となります!(7月末まで)

 

 

名越康文TV シークレットトークとは、

精神科医・名越康文による有料会員制動画放送チャンネルです。

会員になると、

名越康文先生による動画が毎週+αで配信!

 

テレビや雑誌はもちろん、他では聞けない名越先生の一歩踏み込んだお話が満載!

質問・相談コーナーを通じて番組内で取り上げさせていただきます!

 

ただし…本TVは「シークレットトーク」です。

そのため、本TVで配信された動画の二次配信、その他知り得た情報に関し、外部に漏らすことは禁じます!(運営の許諾を得た場合はこの限りではありません)

 

でも、どんな内容なの? というあなたは、無料公開中の名越先生の動画をご覧ください!

 

動画:僕が名越康文TVシークレットトークを始める理由

名越康文TV シークレットトークyoutube分室

https://www.youtube.com/channel/UCT0q8NipPzU_G4yUtcAhKag

※こちらのチャンネル登録もお願いします!

【心理学】人生はゴールテープを切った後も続く−−「自己実現」の限界と夜の心理学の領域について(メルマガより)

2019年07月03日(水)11時35分27秒

 

■昼の心理学の限界

 

「自己実現」という言葉があります。自己実現とは一言で言えば「社会の中で自分の立場を確立すること」ですが、もっと日常的な言葉で表現すれば、何を生業にして、どうやって稼いで、どうやって食べていくか、ということだと言い換えてもいいでしょう。

 

20世紀後半の心理学は、大胆に言い切ってしまうと、この自己実現を主たるテーマにしてきました。心理学が「自己実現をテーマにする」ことは、もしかしたら、当たり前のように聞こえるかもしれません。しかし僕は、これってすごく、ある時代特有の傾向だったんじゃないか、と考えています。

 

自己実現をテーマにした心理学は、僕の定義する「昼の心理学」と「夜の心理学」という対比の中に位置付けると「昼の心理学」とほとんどイコールです。つまり、ある時期まで、心理学というのはほとんどの場合「昼の心理学」とイコールとして考えられていたわけです。

 

「どうやって社会の中で一人前になっていくのか」ということは、もちろん大切です。僕自身、「いつ社会からこぼれ落ちてしまうだろうか?」という不安も、自分の中に持っています。

 

付け加えれば、日本経済が調子を崩し始めた90年代以降、一般的に、そういう不安はより強くなってきているんじゃないでしょうか。

 

それ以前は「社会に適応する」というのは、大学を卒業して、一部上場企業に就職することとほとんどイコールで、ベルトコンベアーのように社会の中に参加していけた。しかし現代は、非常に流動的な社会です。「ここにいれば安心」という場所がないから、社会の中で自分の居場所を見つけることが大きな問題になる。

 

ただ、自己実現というのは大変な問題ではありますが、実はそれが満たされただけで万事解決かというと、そうはいかない。人間は社会的な動物だと言われていますが、その一方で、社会的な自己実現だけで満たされる生き物でもない。それだけでは、どうしても、なんともいえない「むなしさ」が残るわけです。

 

一人でいても、友達といてもなんだかむなしいという人がいます。大好きな恋人といてもむなしいという人もいるし、最愛の家族がいてもむなしいという人もいる。

 

この「むなしさ」は、自己実現の文脈では、満たされない。また、そのむなしさを埋める方法もありません。せいぜい「世界というのはそういうものだ」という、ある種の諦念の中で生きざるを得ない。ここが、20世紀の心理学=昼の心理学の、一つの限界だったのではないかと僕は思います。

 

 

■社会に対する立ち位置の違い

 

僕が皆さんにお伝えするのは、一部、昼の心理学的な、社会的な自己実現に役立つ要素もあります。ただ、基本的には「夜の心理学」をお伝えしているつもりです。では、昼の心理学と夜の心理学のどこが違うのかというと、大きなところでは、「社会」に対するスタンスがかなり違います。

 

自己実現というのは、「社会」をある種、絶対的で、盤石なものとして捉えないと成り立たないものです。しかし、夜の心理学は、社会の基盤を相対的で、移り変わりやすいものとして捉えるところがスタートラインとなります。

 

実際問題、国家にしても、経済にしても、政治にしても、社会の価値観にしても、絶対的なものは何一つないというのは真理だと思うのですが、そういう認識をスタートラインに据えるわけです。

 

■相対的に見るということと厭世的になるということは違う

 

注意してほしいのですが「絶対的なものは何もない」という認識に立つことは、厭世的になることではまったくありません。

 

相対的に見るということと、厭世的に捉えるということを同列に捉えるような文化的素地が、日本にはあります。たとえば平家物語の有名なフレーズに「諸行無常の響きあり…」というものがありますが、これを「物悲しい言葉」として受け取っている人が少なくありません。しかし、「すべてのものが相対的で、常に移り変わっていく」という認識は、本当のところは人間の価値判断よりもいわば上位の、「事実」そのものだということなんです

 

(続きはメルマガをご購読ください。初月無料です)

 


名越康文メールマガジン 生きるための対話(dialogue)

2019年7月1日 Vol.199
───────────────────────────────────
今週の目次
───────────────────────────────────

01【ご案内】名越式性格分類ゼミ第3回認定試験のご案内ほか
02【心理学】人生はゴールテープを切った後も続く−−「自己実現」の限界と夜の心理学の領域について
03【スペシャル対談Vol.4】名越康文×しいたけ「「やりたいこと」が見つかる人と見つからない人はどこが違うのか」第2回「端っこ」に対する意識を取り戻す
04【カウンセリングルーム】※今週はお休みです。
05【pieces of psychology】<日本語は「あいまい」なのか?/先入観を壊す/絶望とはなにか>
06精神科医の備忘録 Key of Life
・イーストウッド『運び屋』を観た
07講座情報・メディア出演予定
【引用・転載規定】

sign

【今週のおすすめ講座】

7月21日(日)14:00~16:30@巣鴨

巣鴨「名越式性格分類ゼミ」

http://nakoshisemi.yakan-hiko.com/

残席わずか!

 

 

【好評新刊!】

12月17日発売!

『精神科医が教える「良質読書」』(かんき出版)

https://amzn.to/2CdHQoU

『Solo Time 「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である』

http://amzn.to/2raktov